週案用紙の使い方



■ファイルの内容■
@週案シート46週分
A時数計算シート
B児童用週予定表作成シート
C〃週6日用
D〃週7日用
E児童用ひらがな予定表作成シート)
F〃ひらがな週6日用)
G〃ひらがな週7日用)
H変換シート
I説明シート

■作業の流れ■
@ファイルを開く
A週案シートに記入(行事,教科名,単元名,各時間の目当て)
B児童用シートに記入(持ち物)
C週案シート(A4),児童用シート(B5)の印刷
D上書き保存

■使用方法と注意点■
1.児童用シート…児童に配布する週予定表印刷のためのシート
 A2セルに入力済みの週案の週番号を入力すると,月日,児童行事,教科名,単元名が表示されます。宿題,持ち物欄を入力して印刷してください。用紙サイズはB5に設定してあります。左は「じどう用」シート右は「児童用」シートです。


2.時数シート
入力済みの週案シートのデータを元に「年間の時間割一覧表」と「標準時数との比較の表」が表示されるので,授業時数の実施の状況を見るのに使ってください。標準時数は学年を入力すると変わります。用紙サイズはB4に設定してあります。


 
4.週案シート
1〜46の番号のついたシートです。第1週から第46週を表しています。
児童行事と職員行事を入力してください。児童行事だけ,児童用の週予定表に転記されます。
欠時があるときは欠時欄に数字を入力してください。( )付きで表示されます。
教科名,単元名,ねらいを下図のように入力してください。このうち,教科名と単元名が児童用の週予定表に転記されます。
教科名 単元名
ねらい
用紙サイズはA4に設定してあります。
日曜参観などで土曜日,日曜日の欄が必要な場合はK列とS列を範囲指定して,右クリックから「再表示」を選びます。
日曜日を入力した後,PQR列を範囲指定して「表示しない」にして下さい。A4用紙1頁に全体を印刷するには[ファイル]→[ページ設定]で縮尺をかえて下さい。また,土曜日日曜日の列幅に他の曜日の列幅をそろえるとA4用紙に収まるようにしてあります。そのため土曜欄日曜欄が狭くなっています。予定表の印刷は週6日用,週7日用のシートからして下さい。
 

■時数計算のしくみ■
例えば,算数の場合は,T8セルに表示されていますが,集計はR8セルでしています。
R8セルの内容は
=COUNTIF($B$7:$O$30,"算数")+W8」で,意味はB7〜O30の範囲で「算数」と入力されているセルの数をカウントしなさい,そして,時数調整欄の数値を加えなさいということです。
集計条件を増やしたり変更したりしたいときは,R列の該当セルの内容を書き換えてください。
また,学校行事を0.5Hで計算したいときは,1Hでカウントしたあと,時数調整欄に-0.5を入力してください。
減らした0.5を別の項目に入力してください。

(参考)※対応する教科名は以下の通り。
国語…国語,書写,作文
社会…社会
算数…算数
理科…理科
生活…生活
音楽…音楽
図工…図工,図画工作
家庭…家庭
体育…体育,保健
道徳…道徳
特活…学活,学級会,特活
総合…総合
英語…英語
学校行事…学校行事
児童会…児童会,委員会
クラブ…クラブ

エンジ色の枠内は帯時間に行った教科の回数です。国語と算数のみカウントします。